着物買取の査定

着物買取の査定では、主な判断材料として着物自体がどんな素材か、人気の色柄か、仕立てはいいかを見られます。
そして保管状態が良いかも、厳しく問われます。
着物としてどれほど高級だとしても、査定のとき、汚れやカビが見つかればほとんど値がつかないというのが普通の結果なのです。
ただ、染み抜きなどで完全に落とせるものなら買取の交渉もできるかもしれません。
くれぐれも素人判断は禁物です。
その道のプロに見てもらうことをすすめます。
大事にしていた着物を買い取ってもらう時に、喪服は別と考えたほうが良いでしょう。
普通のお店では喪服というのは扱っていないところが多いからです。
年配者にも洋服の喪服が定着していることもあり、和服の中古市場では特に、喪服に対する需要は僅少だからです。
それを承知で、捨てるのにしのびないというのであれば、ごく一部ですが、喪服を買い取ってくれる業者もありますので、まずはそこに確認してみると良いでしょう。
サイズが合わない着物の買取先を探していたら、友達が売却の流れについてネットで調べてくれました。
やはり古いものより新しくて状態が良い着物のほうが良い値段がつき、汚れや傷みがあると、元が良い着物でも査定額は落ち、価格がつかない(引き取らない)こともあるのだそうです。
シミは業者側がきれいにすることもあるとか。 “着物買取の査定”の続きを読む